【Mac】indeed広告のxml編集に最適なエディタをご紹介

3期目に入ったマーチオークシーでは
「日本の過疎をなくすためには、世界を知らないといけない。」
という代表の意向で、突如社員全員がmacを使用することになりました。

今までと異なる環境でも、同じ速度で仕事をする訓練とのことです。
実際、知らない土地で仕事をしていると、今までのセオリーが全く通じないことは多々あります。
持っている知識を応用する能力を養うのは、とても大切だと感じます。

話を戻しまして、
Macでindeed運用する際に一番困ったのが「テキストエディタ」です。
今回はindeedのxml運用を行う上で、
実務担当がおすすめするテキストエディタをご紹介いたします。

必須の条件
・コードが色分けされる
・コードを間違えたら色が変わって視覚的に気付ける
・30メガ以上のxmlファイルを高速で色分けして開ける
・置換機能が早い

【推奨】マイクロソフト「Visual studio code」

様々なエディタを実務で検証し、たどり着いたのが「Visual studio code」です。
インターネット上で
「マックのおすすめテキストエディタ」
とか
「秀丸に匹敵するマックのテキストエディタ」
など検索しても「Visual studio code」が記事として出てくることはありません。
MACユーザーにはあまり使われてないのでしょうか、すごい良いですよ。
(マイクロソフトさんだからでしょうかね)

indeed xmlエディタ

「Visual studio code」はwindowsユーザーにも「使いやすい」エディタです。
上記の「必須の条件」を満たしながら、UIも美しく、MAC上の動作も軽い。
そしてデフォルトで日本語版がある・・・200点です。
MACでindeed広告のxml運用をされる方には推奨のソフトです。

Visual Studio Code
サイトに訪問し、「Visual Studio Code ダウンロード」をクリックしますと、ダウンロードができます。

【推奨】Atom

Atomはインターネット上で、MACのオススメエディタとしてよく紹介をされています。
それもそのはず、とても素晴らしい動作をします。
大容量のxmlの編集においては「Visual studio code」より高速に処理をします。

indeed xml

海外のソフトのため、
インストールしたあと日本語化が必要です。
(その方法はパッケージのインストールなので簡単です。)

Atomの一番使いやすいポイントは
1つのウィンドウで複数のxmlを開ける点です。
画面左側にファイルが並び、エクスプローラーの気分で
xmlファイルの切り替えができるので作業効率も抜群です。

置換などのUIがwindowsぽくないですが
気にしなければ最強のエディタになりえると思います。

Atomを日本語化

メニューバーの「help」→「WelComeGuide」へ進みます。
atom
次に「Install a Package」を押すと青い「Opne Installer」というボタンが出るので押します。

indeed xmlファイル編集エディタ
「Japanese-menu」というパッケージ検索をすると日本語化ツールが出てきますのでインストールします。

Atom
サイトに訪問し「Download For Mac」をクリックしますと、ダウンロードできます。