indeed × Jimdoのススメ(採用単価を下げよう)

indeedで自分のホームページに求職者を集める!
そんなときによく課題にあがることがあります。

  • ホームページがない
  • ホームページはあるが、制作会社に依頼しないと直せない

こういったケースでは、
お客様に「採用情報ページ」だけの制作をお勧めすることがあります。

無料でHP作成を実現する、Jimdo(ジンドゥー)

その際に使い勝手がいいのが「Jimdo(ジンドゥー)」です。
Jimdo Logo 72 DPI

https://jp.jimdo.com/

Jimdoは無料でのサイト制作を可能とするWEBツールです。
弊社が利用しながら感じるメリットは以下です。

SSL対応
無料版でもSSL(情報暗号化)通信に対応しています。
求職者が個人詳報を送付する必要がある「採用ページ」においては有難いです。

フォームが簡単に作れる
本来プログラミングが必要なフォーム。
制作するとお金がかかるのはもちろんなのですが、
「項目」を手軽に追加、削除できる点がとても便利です。

スマートフォン対応
結構重要な機能です。
日本ではまだまだスマートフォン対応できていないコーポレートサイトが多いです。
レスポンシブ対応がスマートに成されるのは大きな魅力です。

Jimdo(ジンドゥー)有料版にすれば「独自ドメイン」の利用もできますので、
本格的にコーポレートサイトとしての運用に切り替えることも可能です。

「Jimdo(ジンドゥー)」が日本で法人化されてから使い続けていますが、
どんどん進化している素晴らしいツールです。

Jimdo(ジンドゥー)で無料で作ったホームページを、プロが5万円(税別)でリメイクするサービスもございます。
jimdoリメイク

Jimdo(ジンドゥー) × indeed(インディード)で採用活動を

indeed×jimdoJimdo(ジンドゥー)で制作した採用ページに
indeed(インディード)で求職者を集める。

自社で採用を進める「ダイレクトリクルーティング」に興味があるけど、一歩を踏み出せない場合は最適な組み合わせです。
結果を出しながらサイトの精度をあげていき、
indeedのご予算を増やしていくことが可能です。

Jimdo(ジンドゥー)は自社で更新ができるので、
採用が終わればページを非公開にすぐできます。
indeedも利用期間が決まっていないので(2週間で〇円など)、
すぐに集客を停止したり、必要であればすぐに再開ができます。

柔軟に採用活動を行うという意味でも最適な組み合わせです。
その結果として、採用単価(広告費÷採用人数)を下げることも実現できます。