2018年のマーチオークシーを振り返りました

早いもので、もう12月ですね。
2018年のマーチオークシーを振り返りますと
社員も増え、オフィスも移転し、弊社にとって良い変化の多い年となりました。

そのような中で、創業以来変わらないことがあります。
それは、全社員が「テレワーク」を行なっていることです。
オフィスは由比ガ浜にありますが、ミーティング等無いときは働く場所は自由です。

先日、第1回社内忘年会がありました。
その際、マーチオークシーがなぜテレワークをしているか代表に聞いたところ
「それが自然な働き方だから。」
と力強く回答。
そのあと、以下のようなことを延々語っていました。

面白法人カヤックさんのカヤックスタイル※である
「24時間遊び、24時間働く」

この言葉は人によって解釈が違うだろうけど、
自分は「必要なときに仕事をし、そうでないときは遊ぶ、寝る。」と解釈している。
必要なときってのは、お客様対応や、自分や会社にとって必要とか諸々。

初めてカヤックさんのホームページで、この言葉を読んだとき電撃が走ったんですよ。
「あれ・・・、仕事って本質的にはカヤックスタイルなのでは。漁業、農業、職人、製造業、クリエイター・・・毎日同じ時間に同じ場所でする仕事って少なくない?」って。だから自分が起業するときはカヤックスタイルが普通のことだという会社にしたかったんですよね。
(このあと長いので省略)

※面白法人カヤック柳澤さんにカヤックスタイルについて記事への使用許可いただいております。

仕事をやるときにはやる。
やらないときにはやらない。
よく寝る。

弊社の普段の働き方です。

時間や場所にしばられないことで、
・通勤ラッシュと無縁
・仕事の合間に教習所へ通い、運転免許の早期取得に挑戦中
・アポイント後に時間が空いたので、そのままショッピングへ
・自宅にいて、体調を崩した家族のそばに付き添っていられる
等々、実現できていることは様々です。

さらに今年は、前出の“カヤックスタイル”の実現であり、
代表が15年想い続けた悲願の「旅する支社」も開催しました。

沖縄県・石垣島を拠点に、通常業務を行いながら、
「日本最西端(与那国島)へ行く」というミッションも無事達成!
新たなヒト・モノ・コトにもたくさん出会い、良い刺激をもらってきました。

社員それぞれが自分の最高のパフォーマンスが発揮できる環境や条件を知り、活かしていくことで結果的に仕事も遊びも、充実した生活が送れています。

先日、弊社オフィスのある鎌倉市でも、都内等への通勤を減らし、鎌倉でテレワークを行うワークスタイルの普及や、テレワークに関する情報発信や勉強会の開催等を目的とした、「鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会」が発足したとのニュースがありました。

市をあげての同じ想いの取り組みに、今後も注目していきたいと思います。

昨日は、由比ガ浜オフィスに全員集合してミーティング。
離れていてもたいていの事はオンラインのやりとりで解決できますが、時には伝わりにくいこともあります。
やはり直接顔を合わせて話すことも大切ですね。

メリットが多い働き方ですが、これは、課題のひとつでもあります。
適度に、集まる機会も作るようにしています。

やるべきことを終えたら、みんなで食事とかるく一杯。
(代表は車のため、ひとりノンアルコールビールでした)
楽しい雑談からいいアイデアが出てくることも、あったりなかったり。

忘年会シーズンに突入し、マーチオークシーでは集まるたびに忘年会になりそうです!